加齢臭

医薬部外品と化粧品は有効性がちがう

薬事法の定義は、「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」「医療用具」分けて定義しています。

 

医薬部外品

有効な成分は入っていますが、効果が穏やかなものです。医薬品と違い、治療ではなく、予防や皮膚などを清潔に保つことが目的になります。

 

医薬品は、効能・効果など使用上の注意が規制上記載されていますが、医薬部外品は、指定された成分のみの記載になります。時々、「表示指定成分」と商品の裏に記載されているのを目にしたことはありませんか?

 

化粧品

 

化粧品とは、医薬部外品よりもさらに人に対する効果・作用が穏やかなものです。
また、人の身体に清潔、美化、魅力を増し、容貌を変え、又は皮膚若しくは毛髪をすこやかに保つために、身体に使うものを指します。

 

医薬品

 

病院で処方せんを書いてもらう薬や、薬局で売っている胃腸薬、風邪薬など、文字通り薬と呼ばれているものを想像してください。
医薬品は、病気の予防や治療を目的に、名称、成分、分量、用法容量、効能効果、副作用について、品質・有効性及び安全性に関する調査を行い厚生労働大臣や都道府県知事が認めたものです。また、日本薬局方に記載されているものは全て医薬品です。

 

化粧品と医薬部外品との違いは、人体に対する有効成分の効能効果の強さです。
医薬部外品のほうが有効性が強いということ。

 

化粧品は清潔や美化などを目的にしているのに対して、医薬部外品は主に予防を目的としています。